喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カバマンダのこと  カバルドン単差し+めざ飛マンダって絶対強いっていうこと

カバルドン@たべのこし  じしん/あくび/じわれ/なまける

パーティの中核、Sに少しと「ローブシンの1積みドレインパンチ」と「バンギラスのれいとうビーム」を耐えるようにBDを設定。
Aにはまったく触れなくなるが腕白H252B20D220ぐらいで実現できたはずなので
残飯を含めてある程度余裕を持たせよう。
パーティの基軸なのだが、選出機会はかなり少ない。
パーティ作成の開始時の目的がバンギローブに対するメタ、なのでそれ以外に選出することはかなり少なかった。
まぁ実数値は上記の要件を達すれば誰でも一緒になるので晒すの無しで


ボーマンダ@こだわりスカーフ りゅうせいぐん/だいもんじ/めざめるパワー飛/いわなだれ

パーティのエース。カバルドンとあわせてこいつから始まった。選出率はほぼ100%
かなりDに厚く配分したのが特徴的。配分としてはネオ桂馬ンダ系列でロトム10万耐え程度までなのだが
カバマンダというパーティの特性上ラムガモスがあまりにも重いというのが真の意味である。
そのため多少の火力を犠牲にして控え目ウルガモスを確実に抜いていわなだれで落とすために臆病で採用した
桂馬ンダは一発でロトムを消し飛ばすが、こいつは殴り合ってロトムを突破してみたり
ビリジやゴウカのめざ氷を耐えてめざ飛で確実な嫌がらせをしたりとしていた


メタグロス@こだわりはちまき  コメットパンチ/バレットパンチ/じしん/おいうち

おいうちが本体。ダブル用の情強グロスを流用したのでわざがへんなことになっているが。
「おいうち」と「バレットパンチ」さえあればこのパーティでは問題ない。
ボーマンダやカバルドンを繰り出すことが出来ないラティに対して繰り出していきおいうちで役割遂行していくのが基本形。
最初はカバルドン着目から始まった構成であったが、このパーティを作る過程で
役割を遂行することを重視したオボンおいうちグロスの評価が上昇した。
ラティ等をさっさと処理してカバルドンに対する抵抗力を失わせるというのは、やはり大きいのではないだろうか


ラッキー@しんかのきせき   ちきゅうなげ/たまごうみ/ステルスロック/どくどく

ばすたぁ氏の大会で頂いた害悪ラッキー
個人的な評価としてこいつの身代りと小さくなる暇は評価が薄く
んなもんするくらいならステロ撒いてからサイクル廻しながら投げて相手凹せよと考えているため
毒とステロを採用した。ブルンゲルに対して最悪どくかステロを巻くためにSを6振りブルンゲルよりも2上昇させた個体を採用
あまりをDに振り雨パに大してストッパーとして期待できる能力にした


ビリジオン@たつじんのおび  せいなるつるぎ/リーフブレード/ストーンエッジ/ちょうはつ(めざめるパワーこおり)

雨パの誤魔化し要因(+ラキグライ誤魔化し要因)である
こいつで対策を名乗るのは明らかにおかしいので誤魔化し要因として採用
最終的にこいつでラキグライ対処を諦め、ウルガモスを厚く見てストーンエッジに決定したのだが
挑発をめざ氷にしても特に問題はないはずなので、ここは趣味だろう。
アイテムは玉か帯かの2択で考えたがこいつは誤魔化し要因なので耐久を削るのはまずそうだったので帯にした
選出機会は誤魔化し時に限られるので特に火力不足だと感じる展開はなかった


パルシェン@きあいのたすき つららばり/ロックブラスト/ハイドロポンプ/からをやぶる

ラキグライ対処枠。
正直グライオンをどうしようもなかったり、砂が舞った状態だと他のポケモンではガブリアスが不安だったりしたので採用
からをやぶるでの全抜き、ドロポンでローブシンやグロスに打点を与える、襷ロックブラストでウルガモスの無双阻止と
ラストに入った補完ポケとしてはベストの性能を持つことになった。
ボーマンダ眼鏡+パルシェンスカーフも考えたのだが、パーティのSの兼ね合いや
パルシェンの襷による無双を阻止する性能を考えたらこの形に落ち着いた


おそらくカバルドン+ボーマンダ から構築を考えた場合この面子が完成形になるだろう
カバルドンの欠伸枠と、メタグロスの構成が不安定になるだけでこれ以上のカバマンダ構築はまず出てこない、と言えるパーティである。
昔記事で構成案として紹介したユキトドガブグロスサンダーローブも現在ではパーティとして完成して、勝率9割以上を維持し続けており
自分が○○基軸としてそれ以上のパーティは出てこないと新たにいえるものが完成した。
コメギオン、ユキトド、カバマンダ と3つの構成においてそれだけじしんをもてるものが完成したので
現在作成途中のラグラージパの完成度をさらに上げて行きたい。
レートは殆どやっていないが、おそらく1900を達成することは不可能であると思う。
初期に決定したテーマで考えうる最高レートが決まると思うのだが
このパーティは平均1780、最高1850程度であろうという評価。
実際に廻すともう少し上にいけるかもしれないが、自分のパーティなので既にプラス補正が働いているのでまぁこんなものではないだろうか
最終勝率はフリーとフレンド合わせて僅かに9割に届かなかった。
よくもわるくも安定したパーティであったことは確かである

単カバはそろそろ注目されてもいい気がするのだが……
案外注目されていないようで悲しみである
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シングルのラグラージ+めざ飛サンダーのこと ラグサンダーはどうなんでしょう | ホーム | コバルオンパのこと  コメギオンっていうなー! のこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。