喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【メモ書き】レジアイスが教えた役割集中進化の可能性?

もともと役割集中は「1つのタイプ(ドラゴン)に寄せ」1箇所に過負荷をかけパーティ全体で高火力を運用して突破するという対戦理論だったが
「タイプを寄せず」、「高火力で突破しない」形であろうとも「絶対的な数値」を前提とすれば成立する可能性がレジアイスの研究により発見された

タイプを寄せない形での役割集中理論はガルガブで研究が進められているが
別に高火力に頼らずとも「絶対的な数値」を確保することが出来れば役割集中という1箇所に過負荷を欠ける高火力の集中運用ではなく
中火力超耐久を採用した場合でも成立する可能性があるというのは新しい発見となるかもしれない

ちなみにこの可能性を提示したレジアイスは
ドラゴンポケモンの集中運用の天敵といえる剣舞クチートを
冷凍ビーム(交換後出し通常クチート) 冷凍ビーム(メガ剣舞) 気合球 の流れで撃破することを可能としている
また、クレセリアも圧倒的な耐久力を持って正面から殴り合え(サイキネのD下降も引かない)
ギャラドスやグライオン、ヤドランといった主流の物理受けにも十分に対抗が可能なのだ
タイプで受けてくる鋼にもそれなりに有利で戦え、集中に置いて最もつらいHBゴツメナットレイも冷凍ビーム+気合球を使えばかなりの乱数で吹っ飛ばすことが出来る
「繰り出されるタイプの一致」が起こっているために、ここで鋼を倒すことが出来れば後は役割集中の主役であるオノノガブで無双。というわけだ
むしろ従来の役割集中よりもオノノガブが無傷で残っている分突破力があるし、オノノガブのどちらかを選出できない場合でも
レジアイス+ドラゴンの動きで十分集中運用が可能。この動きは5世代ノオーガブをイメージしてもらいたい


HBボルトロスのような電磁ばらまき型に対してもD方面で超耐久であるが故に圧倒的な耐性を持ち
同じ攻撃範囲である突撃チョッキラプラスと比較した場合でもアイテムの自由度でも上回ることができる

現在どの程度までならば実用的な運用が可能なのかの検証中であるが
久々にシングルに置いて「対戦理論」の提示ができるかもしれない
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【シングル】 役割集中と一貫性と誘導と  【役割集中・氷/オノノガブ】 | ホーム | 芸人の本気とレジアイス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。