喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【雑談】ダブル・トリプルで猛威を振るう旧作ポケモンとの戦い方

新規・復帰で最近ポケモンはじめたばっかりで旧作のポケモン解禁って言っても良く分からない
→なんやこいつら強すぎる……

そんな風になった人向けの記事です
強さを実感して困ってる人向けの記事なので、どう強いかとかは省略
強いを感じてないなら必要ないでしょう

神速エンテイくんとかこの指カメックスとかは純粋強化の部類なので「噴火ドラン」「負けん気ボルト」「零度スイクン」の3匹を紹介


・噴火ヒードラン

HPを維持するためにサポートを受ける必要のあるポケモン
冷静固定であるのもそれに拍車をかける
よって交換、準備が整うまでは交換で出すことが出来ないという特徴がある


例)ギルガルド+ニンフィア
本来ならば絶好のヒードランを投げる盤面だが噴火ヒードランは交換から出すことが出来ない
T1に通常行動→T2にキングシールドと言う動きをしたくなるが
T2はサポートを受けたヒードランが交換から降臨しやすので基本的に悪手と判断
シャドーボールを連打しヒードランの降臨にリスクを持たせるのが正解

例)ドリュウズ(チョッキ)+クレセリア
T1のトリックルーム等を止めることができないが、こちらも決定力を出すことが出来ない場面
相手の場に地震が半減であるポケモンが2匹並んでいたとしても地震を推奨
地震を打っている限り相手は交換からヒードランを出せず
トリックルームを始動するサマヨールやクレセリアはドリュウズを倒すこともできない
よってトリックルームのターンが無意味に経過し、2週目に入る前に倒せばヒードランはサポートを受けられなくなる



・負けん気ボルトロス

配分の自由度が著しく低く、AS振りでほぼ固定されるポケモン
AS振りで固定され、素の耐久が貧弱であるため交換から出せず
負けん気と言う特性の性能もあり殆どの場合選出が初手で固定されてしまう
とにかく現状はAS振り半固定であるが故に一発でもダメージを与えて最悪でも1:1交換を狙う


初手に出てこない且つ出てくるはずの場面で交換で出てこないならば負けん気がありえ
逆に交換で出てくれば悪戯心が本命となる

例)猫騙し+スカーフランドロス(ストーンエッジ)
威嚇で負けん気を発動させてしまうが問題無い
猫騙しで猫役かボルトロスを1ターン目に止めながらエッジで打ち抜く
意地A全振りのランドロスであれば威嚇が入っても無振りボルトロスにダメージ量122-144
致死圏内まで持ち込め、高乱数を引けば玉ダメージで即死

玉以外ならば高確率で拘り鉢巻なので、守れないのをいいことに先制技で軽くなでてあげよう
敏感なおっさんはそれで堕ちる


例)範囲超火力+S操作
眼鏡ニンフィアやカメックスの最大火力潮吹きも同じくボルトロスを一撃で致死圏内まで持ち込め
こちらは同時に隣のポケモンにもダメージが入る
単体火力に秀でるメガガルーラ、サザンドラ、ラティオス等を1:1交換に持ち込みやすいポケモンではあるが
所詮単体火力、範囲火力に僅かに振り

問題点は眼鏡ニンフィアやメガガルーラはメガガルーラに優位を取りきれず負けん気ボルトロス本人がタッグを組むのが容易である点
対策は出来るが正直不毛


・零度スイクン

最後まで残るワンチャンス、事実上の対策不能だが
「絶対零度を打っている間、7割でHPが一切削れない」という問題を一応抱えている
3割での即死は当たったら土下座するしかないが

一応理論的には零度のタイミングは読めるといえば読めるのでパーティの中核が交換際事故は軽減可能
HPを削って確実に倒せ、且つ隣が決定力を出せない場合はほぼ零度
そういう展開を作らないのが理想

悪例)相手:ヒードラン+零度スイクン こちら:ハッサム+ラティオス(流星群後)

熱風でハッサムを倒すことができ、且つラティオスが決定力を出せない場面
スイクン視点零度安定択であるため行動はほぼ絶対零度
後続に鉢巻バンギラス等のヒードランとスイクンに打撃を与えられるポケモンが存在する場合
熱風を受けハッサムを温存するよりもバンギラスに全てを託すべきである可能性がある

相手の追い風まで考慮に入れる場合
バンギラスが二度の零度チャンスを回避し岩雪崩までたどり着ける可能性は50%程度でしかない
このような場面を作ってしまうことそのものが零度スイクンへの大きな隙となっているので
零度スイクンを相手にする場合はこのような展開は避けたい

こういう場面を回避できる選択があったのに関わらず、このような場面を作ってしまった場合悪いのは自分である



※追記※
これらのポケモンはボールによりその可能性があるかどうかの判別をすることが可能です
僅かでも勝率を上げることが可能な知識ですので調べて覚えておくとよいでしょう
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<メガラグラージの対戦動画投稿しました | ホーム | 【雑談】固定化される環境と使えるポケモンの数>>

コメント

最も具体的で初歩的な対策である「初手でボールを凝視しろ」がないのはなぜですか
2015-09-18 Fri 21:30 | URL | [ 編集 ]
対策と言うと語弊がありましたね
ボール見れば勝てると言ってるわけではなくて、初心者向け記事なら「多少でも情報アドを得られるので初手でボールは見逃さないようにしましょう」くらいは書いてあってもいいんじゃないと思っただけです
2015-09-18 Fri 21:39 | URL | [ 編集 ]
今回の記事内容にボールによる判別が関係しないからです

「補助を受けてから出てくる」という前提で今回は紹介していますが後続の噴火ヒードランはボールによる判別が出来ません(※ボール+性別で噴火があるかもと思った時点で)手遅れです

また、負けん気ボルトロスも威嚇を考慮した上でスカーフランドロスで打ち抜くという解答なのでボール判別は関係ありあません
2015-09-18 Fri 21:41 | URL | くいたん [ 編集 ]
おっと失礼

コメント書いてる最中に補足を頂いてました
うーん、確かにそこは不親切ですね、今すぐ一文追記いたします
2015-09-18 Fri 21:44 | URL | くいたん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。