喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【雑談】固定化される環境と使えるポケモンの数

・最初に

昨今よく耳にするのがダブルバトルの環境は固定化し、上位層は同じ構築ばかりを使っているという話だ
WCSの上位陣の構築はよい例なのだが

これはダブルに留まらず、トリプルでも同じことが言える
トリプルの芸術点が高いポケモンを見ると え?そうなの?と思う人も多くいると思うが
自由度が高いといわれるトリプルでもメガシンカはメガガルーラ、メガカメックス、メガリザードンの3強であると言われている

まぁ、ダブルほどではないにしても特定のポケモンに偏っていることがなんとなく分かって貰えればそれでよい


・ポケモンの絶対数

しかし、ポケモンの絶対数という意味では第六世代の新ポケモン及びメガシンカの追加により増加しているのは間違いない
第六世代のポケモンたちが小粒と評価されているのは事実だが、それにしてもファイアロー、ギルガルド、ニンフィアのような強ポケが生み出されているし
実際の対戦で使えないこともないポケモンの数は間違いなく増加している

第五世代でいうブルンゲルやシャンデラ、ナットレイのような中堅上位程度の実力を持ったポケモンはむしろ豊作で
ニャオニクスやフレフワン、オーロット等のトリル勢、ヌメルゴンやブリガロンのような物理か特殊のどちらかを固めることができるポケモンが多く出ている

第五世代の新ポケモンはローブシンやウルガモス、サザンドラのような華のある超火力が中心だったが
第六世代の新ポケモンは耐久を重視したものが追加されたと考えれば、やはり構築に採用が可能なラインという意味では十分に増加している


・閉塞感

しかし、実際にプレイしてみるとあっちでもガルーラ、こっちでもガルーラという風に辟易してしまうことも多い
実際にガルモンだとかガルゲーだと揶揄される光景を多くの人は見たことがあるはずだ

正直な話、あっちでもガブリアス、こっちでもガブリアスだった一時期の五世代シングルと比較しても耳にする機会が個人的には多いと思う
単純にtwitterやブログの普及で1人1人のユーザーの発言が表に出てくるようになったりプレイヤーの実力が底上げされたことで
○○ゲーであることが分かりやすくなったという側面もあるだろうが、今回は閉塞感の原因はそういったものではなく
ガルーラゲーと呼ばれるほど同じ構築ばかりが使われているせいだとして、ダブルバトルをベースに話を進める



・なんでガルモンになったのか

至極単純な結論、使えるポケモンの数が増えたからだ

使えるポケモンの数が増えた結果、1匹のポケモンで多くのポケモンを相手にする必要が加速度的に増加する
例えばローブシンやラティオスが相手に出来る範囲は5世代から変わっていないが
フェアリーやファイアローという存在が増えたことでこれらに対応できず数を減らすことになった

だが、メガガルーラという新ポケモンは違う
「ノーマル」という決して恵まれた耐性でも攻撃相性でもないが、ノーマルであるが故の攻撃範囲の広さと
恵まれてはいないが、弱点が「格闘」1つしかない耐性を持ち
圧倒的な種族値、数値、ステータスの猛威を持って他を圧倒する対応範囲を手にしたのだ

それだけ分かりやすく1つしか弱点がないポケモンが存在するのだから
後はそこを補えばいい


・使用率

ではここでPGLの使用率で格闘耐性を持つポケモンの上位を見てみよう
シングル6匹、トリプル5匹、ローテーション7匹  ……そして、ダブルバトルでは10匹
ORAS以降のポケモンの使用率の中でもっとも格闘耐性が上位にランク入りできなかった時ですら8匹が格闘耐性を持っており
如何に現在メガガルーラの弱点を補うポケモンが環境に食い込んでいるかがわかるだろう

さらに言えばであるが、格闘タイプの中で唯一使用率ランキング上位に食い込んだことがあるのはテラキオンだが
岩耐性を持っているポケモンは最大でもランキング内に3匹しか存在しない
ダブルトリプルで最強技を呼ばれる岩技を持って耐性を持っているポケモンはこれだけしかランキングにはいないのだ

……と、言うことから現在は格闘タイプのポケモンが恐れているわけではなく
「格闘タイプの技」、つまるところメガガガルーラの弱点を突くことができる技が恐れられていると推測することができる

※あくまでも個人の推測である


・こうしてポケモン界は一つになった

つまり、恵まれたタイプを持っていないが故に圧倒的な攻撃範囲を持つことが許されたノーマルタイプ
そしてその中でもっとも数値が高いと言えるメガガルーラが

1匹で多くのポケモンを対処する必要のある環境の中で頭角を現し
特定のポケモンを倒すことが出来ない旧世代のメジャーポケモンを駆逐する中で
メガガルーラの唯一の弱点である「格闘」を補うことで形成されたのが現在の環境なのだ

他のメガポケモンを使おうとしても優秀なタイプであるが故に弱点を持ち
優秀なタイプであるが故に攻撃範囲に限界を指摘される中で弱点も、限界も見えにくい
優秀なタイプと言えないが優秀な数値と他を圧倒する攻撃範囲を持つノーマルが台頭するのは

ポケモンの数が増えていけばやがておきる必然的な事象だったのかもしれない


・悲しい、悲しい話だ

新しいポケモンが追加され、環境が新しくなる中で
ポケモンが増えたことでガチ対戦でより多くのポケモンに勝つために
より多くのポケモンを相手にするために

特定のポケモンを使う必要が出てくるのは
それは悲しい話だ
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【雑談】ダブル・トリプルで猛威を振るう旧作ポケモンとの戦い方 | ホーム | 【ダブル】対戦理論を作ることに挑戦してみる 続【トリプル】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。