喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【トリプル】メガラグラージ入り雨パ供養R1720(ぐらいだったような……)

・面子
ニョロトノ@ギプス 冷静HC アメフラシ
熱湯/ハイポン/雨乞い/守る

ルンパッパ@ラム 控えめHC すいすい
熱湯/ハイポン/エナボ/猫だまし

クロバット@カゴ 臆病HS 精神力
怒りの前歯/追い風/横取り/雨乞い

霊獣ランドロス@チョッキ 意地HS
地震/雪崩/馬鹿力/とんぼ返り

ラグラージ@メガ  意地AS
滝登り/岩雪崩/地震/守る

ジバコイル@風船 控えめHCS磁力
ラスターカノン/かみなり/ほうでん/まもる

・コンセプト
雨を常に維持しながらある一定の特殊火力ラインを軸に立ち回る
トノとルンパのC数値が同じなのでダメージ計算の負担を減らし、自分の選択しを狭めることで
限らせた選択時間のなかでより正しい動きを取れるようにする

・立ち回り
基本的にはというかほぼ100%ルンパ・クロバ・トノの並びからスタート
相手の天候役と相談しながら熱湯やハイポンで集中するなり
雨乞いや追い風を打ちながらトノクロバを下げランドを裏から投げて威嚇補助したりが基本

ラグラージはニンフや雪崩で拘ったランドの前に出し
メガシンカするターンに守るということが無いように意識しながら動かす

メガシンカするターンに守ると雨や追い風のターンが切れるだけでなく
相手側の交換で有利な盤面を作られることにも繋がってしまうので ラグラージはぎりぎりまで温存する

また、雨乞いや追い風を使うが範囲技に欠け制圧力に難があるため
遂行技をそのまま素早さ操作として使える可能性のあるジバコイルをできるだけ早めに展開し
※補助にターンをまわすことなく素早さを操作したり
鋼をロックし素早さを操作して相手の残数を削っていくのが重要となる



トリプルをはじめたばかりの人は誤解しがちだが
トリプルもポケモンというゲームである以上、基本的には相手のポケモンをすべて倒す必要があるルールである
もちろんTODという選択肢は存在するが 華麗で芸術的なコンボは相手のポケモンをすべて倒すために必要なものである

よって、相手のポケモンを倒せない補助行為(猫やファスガ)というのは基本的に無駄、やらないほうがマシである
猫やファスガをすることにより相手のポケモンを倒せる場合のみに行うのが正しい
つまるところトリプルだからといって補助技にターンをまわし過ぎるのはぶっちゃけただのアホである

芸術点の高い構築(マークーダ等)は補助技を多様しているように思えるが
初手ガン補助でトリル→2ターン目で中央バクーダに先手を取りコンボ発動 という風に補助技と多用していても2ターン目には攻撃が開始されている
最近動画で話題となったタコエッテも補助技を多用しているが 初手トリル→2ターン目で攻撃行動開始という風になっている

1ターン目猫追い風 2ターン目ファスガ交換 という風なプレイングをしていて相手の行動をしっかり止めているのに勝てないーなんていう人もおそらくいるだろうが
それは攻撃の始動が遅いためである
かっこよくファスガや追い風が決まっているのに勝てないという人は補助技をやめてみよう おそらく勝率が向上する

・問題点
という風に注釈が長かったわけだが
ここでクロバットを見てみよう

クロバット@カゴ 臆病HS 精神力
怒りの前歯/追い風/横取り/雨乞い


というわけでこいつ補助しかできないのである
つまるところこつが場に出ている限り補助技を連打するしかないので攻撃の始動が非常に遅くなる
真っ先に倒されるように範囲技で巻き込まれやすく、後ろに下げた場合に威嚇でアドをとりやすい中央に置いてはいるものの
下げた瞬間残数5匹で戦わなければならなくなるようなものなのでそれはそれで辛くなるのだ

よってこいつはジバコイルが攻撃をしながら素早さ操作をするというアドバンテージを
1匹でマイナスまで持っていく抜きたいポケモン筆頭なのだが、対ドーブル耐性を考えた場合に
どうしても抜けないので こいつを如何にして自然な流れで、アド損を起こさずに倒すかが基本の動きとなる

一番多いのは出しなおして クロバ・ジバコ・ルンパの並びを作りクロバムーブ放電でクロバをふっとばすという動きである
補助しかできないポケモンは相手からしても放置すれば安定であるし、自分からしても邪魔なだけである

読者諸君の中にも「ニャオニクスが放置された」だとか「ヤミラミが放置された」だとかいうけいけんがあることだろう
それは補助技で火力になれないポケモンは攻撃の始動が遅くなるので放置していたほうが安全だからとう理由がある
補助技ばかりを覚えたポケモンを使うときにはそのポケモンを巻き込み以下に早くランサーさせるかを考えるか
放置されない技構成を考えるかする必要がある

ランサーさせる場合は放電や地震と組ませる場合が多く
放置されないようにするためには「瞑想」などを覚えさせるとよいだろう
風クレセや追い風瞑想スイクンが放置できない補助役の筆頭だ!


・総評
1ヶ月前に1720ぐらいまで(当時40位程度)いったがそこまで
補助役のクロバットがあまりにも弱すぎてこの形のままでは少々難がある
また、正直トノルンパの火力そろえるメリットが薄かったのと
”拘り眼鏡”+”球根”ならば1.5倍で同じようなラインの火力をそろえることができることに
このブログを書いている最中に気がついてしまった

どうしようもう二度と組むこと無いとか書こうと思ってたのに組みたくなってきた
続報を待ってください





・最後に一言
飛行ジュエルかえしてくださいクロバットくんがあんまりにもあんまりにも弱いんですお願いしますなんでもはしませんけど

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【DQ10】第五回グランプリSS(になった)賢者のプレイスタイル | ホーム | 【トリプルバトル】メガサーナイトスタンダード試作型>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。