喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

漬物石第四弾の感想の前に一撃必殺とレート

漬物石3号カバプテラス

一撃必殺と怯み連発の中で進化したバトル
追加効果の強い技と一撃を連発するだけで
50戦もの間1900を維持し、瞬間最高風速1977を記録した謎構築
(いつもの強制選出縛りが無ければまぁ普通に戦えたとはいってはいけない)


漬物石4号トリデプス

一撃必殺しかとりえの無かったポケモン
その火力はれいとうビームを打てばリスナーが本当に抜群?急所?と驚き
原始の力でファイアローが落ちない時は涙を誘う
しかしこの構築も瞬間最高風速レート1860と原点を遥かに上回るレートをだした



この2つの構築がなんか糞みたいな選出縛りを抱えているのに何故か勝ち越して要る理由を探ってみようと
唐突に思った俺は「一撃技」に注目する

3割でどんな相手でも倒すことで最低限の勝率を確保できる一撃という種類の技
この技のお陰で勝ち越している以外にありえない、ならば実際にこの技だけをうつ覚悟で戦ったらどうなるのか

「トリデプス地割れだけしてればいいんじゃね原始冷凍負け筋だろ」

という突っ込みを受けて実際にやってみることにした

パーティは流石に全部一撃だとまずいかなということで
ラプラス・カバルドン・カビゴンを主軸に全員に一撃技を搭載
対面から絶対に勝てる、もしくは後発の圏内に確実に入れられる局面以外では一撃技のみを選択することにした

つまり、「ちょっとでも不利なら即一撃」という縛りである
メガガルーラに対面から確実、確実に後発の圏内という状況は余りにも少ないので
メガガルーラの処理は基本的に一撃技のみとすることになった
ポリゴン2やスイクンなどの耐久ポケモンの処理も一撃技のみである

だがこのままでは頑丈がきた瞬間どう考えてもやばかったり
零度の試行がさせて貰えない可能性があるので
スカーフ道連れサーナイトとメガ守る道連れゲンガーという2匹を投入することとした

後はパーティとして相手のタスキ持ちなどを刈り取る、一撃の試行回数を稼ぐということでタスキガッサを採用した


なんというか勝つ気があるのかと非常に疑わしい構築だが
漬物石的に考えるとわりと戦えるのは間違いなかった




そして結果(本気でとってたわけではないので数値はわりと曖昧です)

一撃パのレート 「1750-1840」

トリデプスのレート「1690-1860」


・・・おや?
最高レートこそ真面目にトリデプスを選出していたパーティが上回っていますが
平均レートは一撃パのほうが上・・・


・・・


・・・


・・・


トリデプスの本体性能は一撃技の足手まといだったのである
普通にパーティメンバーが立ち回れるためパーティスペックの差じゃねぇの?と言われたら
まぁそうかもしれないと言わざるを得ないが
はっきり言って使い勝手は一撃技乱舞パーティのほうがよかった
流石にカバプテラスとの比較では劣るが、トリデプスとは比較するほうがおかしいというレベルで一撃パのほうがよかった


これでわかったことは

「.一撃技でも乱舞してればわりとレート1800はいけた
 レート1800以下の場合一撃技よりも無駄となっている行動が多い」

という事実である
これはあくまで「無理なポケモン辛いポケモン」に絞って一撃技を乱舞した場合であり
流石にHPを十分に残したラプラスがガブリアスに零度を打っているという本当の意味の一撃乱舞ではないことは覚えておく必要があるが・・・


今後構築を組む場合は一撃技の連打よりも無駄な行動が少ないかどうかにも着目して構築を組んで行こうと思う

そして僕の一撃パの被害にあってしまった方々・・・お疲れ様でした
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<この発想はいらなかった | ホーム | 【この記事は一番上に表示したいです】ブログ更新情報及び、RBPまとめ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。