喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【ダブルバトル】サン投げつけるガブがボックスにサンの実を投げつけるまで【最終章・満足交流会編】

まずは使用構築から書こう
これはマルチルールで相方と相談あり
ポケモンの変更は不可能だが技やアイテムの変更は可能だというルール
ポケモン個々の性能のほかに再戦を考慮するとどれだけ相手の対処範囲を広げられるかというのが必要になるルールである
相方はハルドさんで昔からダブルをやっている熊本勢ペアである

ガブリアス@サン
地震/岩雪崩/投げつける/守る

「俺の誇りがこいつを外せなかった」と意味不明な供述をしながら
相手がゴーストダイブでどっかいってる間にサンのみを投げる
対戦終了後にあいつの技構成はなんだったの?といわれたら
再戦の可能性があるにもかかわらず普通に公開する
何をやっているかわからないと思うが俺の中では作戦のはずだったのだ
この作戦の理由は後述しようと思う


ギャラドス@ラム
たきのぼり/でんじは/吼える/守る

吼える、ハルドさんからは牙のがいいんじゃない?といわれていたが俺が絶対に抜こうとはしなかった技
これはマルチ大会というルールではレパドーによる猫の手ダクホがどう考えても対策しておかないとやばいパーティだからという理由がある
ラム吼えるが決まれば少なくともレパルダスはどっかにいくし
メタモンが後ろからでてきてもこのギャラドスがパクられる分には問題ない
配置の関係上ギャラドスがパクられるとは限らないわけだが、パクられたとしても問題のない技構成で
レパドーメタを実現でき、普通に動くこともできるという考えから採用されたポケモンである

ファイアロー@玉
追い風/ブレバ/フレドラ/守る

特に語ることも無い相方サポート要因兼アタッカー枚数増加役
単体運用ができるのも偉い

ヤドキング@オボン
トリックルーム/パワージェム/れいとうビーム/サイコキネシス

特に語ることも無い相方サポート要因兼アタッカー枚数増加役
ある程度単体運用ができるのも偉い・・・はずだったが

ハルドさんがトリルクレセを採用していたため出番無し
瞬間的なS操作でもトリルクレセのほうが信頼できるためただの残念な子に

サンダー@ゴツメ
10万/めざパ氷/電磁/守る

S判別要因兼単体運用もできるS操作ポケモン
ギャラドス以外の3匹は単体運用ができるS操作ポケモンという形で統一し
メインS操作+ガブリアス+サブS操作アタッカー という運用ができるようにしてあった
実際この形は正しかったようでどこからでもハルドさんのサポートができた
ハルドさんのパーティは1匹のクレセリアでサポートするという形だったので選出としても

完全サポート+アタッカー+アタッカー
アタッカー+メインサポート+サブサポート

という形に持ち込めたのでパーティ相性はかなりよかったと言えるだろう


クレッフィ@光の年度
マジカルシャイン/でんじは/ひかりのかべ/リフレクター

S操作ができ最低限殴れるポケモンクレッフィくん
熊本勢はだいたいマルチで1回はこいつにボコボコにされた経験があるので
クレッフィといえばあいつだろうという先入観を持つ可能性がある
可能性を持ってくれればそれで立ち回りが不安定になるかもしれないので
対戦以外のところで熊本勢を翻弄できればと思ったのだがあまり意味は無かった




雨が振りそうな天気
前日の雨でみずたまりがあったりもするが別にそれを踏んだ車に水をひっかけられることはない
というか今回はわりと会場は近い、ぬれてもとりに変えればいいだけ

なんの問題もない
途中のコンビニでリプトンのミルクティーを買う
いつもどおり、いつもどおりの平常心だ

傘を忘れた


はやくも暗雲立ち込める俺氏
だががにゅオフ前の不運に比べるとただの自業自得だ
ぼくわるくないもん!!ではなく俺が悪いだけ

そう平常心平常心・・・

会場につく
既に皆いる

え?俺遅刻したの?と思わざるを得ない空気の中着席
技変更自由だよーという主催、うちのブログでは某Dとして登場するダゲレオくんの言葉
この瞬間自己紹介のネタが決まる

僕は技マシンやアイテム回収が終わっていないので俺と組んだ瞬間選択肢が一気に減るのだ
流石にまずいなーと思いちくはくんにトリックルームだけ覚えさせて!!とお願いしてヤドキングにトリックルームを覚えさせてもらう
結果的にヤドキングを使う機会は無かったが非常に助かった
ちなみにこの時点ではヒンバス(NNたいやきくん)を使う予定だったのだが
流石に回収できてない奴がヒンバスなんて使ったらおこられると思いヒンバスは解雇した
そんなこんなで開始時刻が迫ったころ・・

ダゲレオ「思い出し用の鱗もあつめといたほうがいいよー」

あっ 俺鱗0だ

各所で合わせてて釣りが始まる
この時点で自己紹介まで残り5分

狙ったな? 狙いやがったな?
ysdくんが自己紹介の直前に10匹で1個しかとれないんだがと哀しみの叫びを上げる

くっくっく、俺は10匹で2個もとれた
これはアドバンテージといわざるを得ない

自己紹介では組んだ人に謝罪を先にして予防線を貼ることに成功
後は俺のパーティと組む人がどうなるか・・・

ハルドさん

一瞬どうだ!?という感覚に襲われる
ハルドさんは熊本勢の方で非常に丁寧な立ち回りが持ち味
守ることをしらない俺と立ち回りの相性は間違いなくいいだろう

だがハルドさんも俺と同じようにマイナーポケモンを愛するプレイヤー
ニョロモやクサイハナを過去にはパーティに投入していたこともある
ヒンバスぬかないほうが良かったか!? 雨パでニョロモヒンバスとかワンチャン有り得たか!?

そんな俺空気読めなかったかという不安感に襲われるが面子の中にそういうのはいない
セーフ!俺だけヒンバスとかマイナーポケモンつっこんでるわけじゃなかった!
空気よめてた!一安心

ハルドさんのパーティはリザードンを主体としてクレセリアとライコウでサポートするというもの
僕のパーティはどこからでもサポートができ、サポートが受けられるように組んでいるため非常に相性良好
特に完全サポーターであるクレセリアの隣に僕の最大アタッカーであるガブリアスがならべられるのは大きい
オバヒ後のリザードンに投げつければC下降を無視して再びオバヒをぶっぱなすこともできるだろう

いける・・・!
勝てる・・・!

マルチというルールを理解した我々の勝利だ!




ルールという物には特性がある

まずマルチというルールでは威嚇が重複しやすく、単純に強い
1人つき1種類1匹という制限のため獣ランド2匹やギャラドス2匹という選出が平気で起こりうる
故に物理のポケモンは非常に腐りやすくそれにたいして強く出れるオコリザルやキリキザン、プクリンやらミロカロス
そういったステ下降にたいしてカウンターを決められるポケモンの重要度があがるというのが最も分かりやすいだろう

つまりこの環境下に置いてガブリアスというポケモンを単純物理で使ってしまうと
あっという間に腐ってしまい、何もできる可能性が非常に高い
優秀な種族値も威嚇を一瞬で2度も3度もまかれてしまえば意味がない

物理のサンガブならば今までの記事で書いていた通り物理であってもその腐っている状況を打破することが可能である
だからこのマルチというルールに置いてサンガブ輝くポケモンだと思っていた

さらに最初の構築紹介のように露骨過ぎるほどにサンガブサンガブとアピールすることで
サンを発動させないガブリアスをワンキル、若しくはギリ2確できる程度の技構成へのチェンジを誘発したり
ガブリアスがそもそもサンなので単体への打点を出せる技が存在しないというイメージを植えつける

1対1では起きたとしても与える少ない影響になうr
2対2であるこのルールでは相手のどちらかにわけばそれを誇大解釈してくる可能性すらある
それで立ち回りを崩してくれれば御の字、崩さなくても俺のガブリアスがサンであるという先入観が入ってしまうはずだ

その先入観を利用し予選突破後はメガガブにモデルチェンジすることで相手の想定耐久ラインを崩して優勝する
それが俺の作戦だった 故にハルドさんから投げつけるいらなくね?と言われても
前提として威嚇が多いという考えたあったため僕は譲らなかった

威嚇が多い上に選出の関係上自分のポケモンしか交換できないので非常に受けというものがやりにくい
そうなるとやはりガブリアスが居座る状況は増えるので、その時にサンは活躍する

ツイッターでも散々なげつけガブなげつけガブいっているので
僕と交流のある熊本勢ならば勝手にブログやらで書いていた特殊ガブと勘違いもワンチャンある

そんな計画を元に生み出されたポケモンだった

しかし蓋を開けてみると殆ど威嚇持ちがいない
ワイドガード持ちもいない
僕の理解していたマルチというルールの特性
それにより増えるはずだったポケモンが殆どいなかったのだ


つまり・・・

完全に意味が無かった

意味が無かった

なげつけるが完全に腐り普通にガブリアスを運用して腐らないどころか
こいつが落ちたら負けという試合が圧倒的に多くなってしまっていたのだ

相手に威嚇も無し、ワイドガードも無しならばガブリアスさえ生き延びていれば勝てる
とにかく守るや追い風を駆使して延命する戦いばかりで投げつける暇なんてなかったのである


そんな戦いが1戦、2戦、3戦と続く・・・

昼休憩が終わった当たりであぁもうこれもうどう好意的に見ても威嚇いねーしサンささらねーわと悟り
サンのみはついにボックスに投げつけられることになったのだった・・・

何故だ、なぜだ
どうしてこうなったんだ
何故だ


威嚇のない環境でサンを投げ捨てメガストーンをとりだしたガブリアスは鬼のように強かった
ハルドさんの丁寧な立ち回りにより常に場を制圧しつづけガブリアスは無双し予選を1位で通過

決勝で惜しくも敗れてしまい優勝こそののがしてしまったが準優勝することができた




しかし、嬉しいはずなのに悲しかったのだ

なんで・・・どうして・・・

なんで威嚇・・・いないの・・・

なんで相手ワイドガード持ち・・・いないの・・・・


俺にカバンの中以外にサンのみを投げつけさせてくれええええええええええええええええええええええ!!


失敗だったんじゃない!評価が低いだけなんだああああああああ!
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【全国ダブル】マニューラテラキオン叩き  熊本オフ優勝構築 ダブルレート1900 | ホーム | 【ダブルバトル】サン投げつけるガブがボックスにサンの実を投げつけるまで【がにゅオフ編】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。