喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【ダブルバトル】サン投げつけるガブがボックスにサンの実を投げつけるまで【中篇】

後編じゃなくて中篇でした


まったく勝てなくなかったので
時間的には1日で解散することになったダブル版サーフバンギガブ

そりゃそうだろ補助の枚数が違うわと言われうんそうだよねと少しテンションが下がった俺も納得する
しかしこれは直前でスーパーハイテンションだったのがテンション50に落ちただけなのでまだまだハイテンションである

ガブリアス始動で弱点保険は強い
そう確信している俺は(※現在進行形です)対ニンフィアのために鋼、毒、炎を投入することを決定
こいつらは地震で弱点保険が発動できるため サーフバンギの流れを汲んだまま戦うことが可能で
ファイアローを巻き込み打点不足する心配がないといいところしかないと最初は思った

だがここはハイテンションとは言え冷静になった俺、流石に気が付く
味方の地震で巻き込んだら意味がない
眼鏡ハイボでふっとばされる

・・・・

最強のポケモン見つけたったwwwwwww
くどいがこいつに繋がるのである

鋼且つ悪弱点であり 単純に種族値が優秀なギルガルドとメタグロス
弱いわけがない

バンギラスと違いガブリアスの隣にならべるポケモンとして単純に相性も優秀
両守るを誘発しやすい(ガブ地震グロス守りをすかすことで縛り解除のパターン考慮)ので
投げつけるが単純ディスアドにもならない

さらに弱点保険がさらに強化される

いいことしかない

これは今でも思っているしこの構築が失敗だったとは自分では思っていない
しかし結果を出せなかった以上与えられる評価は低いものであるというは認めることしかできない
だが声を大にしていいたい このポケモンは与えられる評価は低くとも失敗ではないと
評価が低ければこれから頑張って評価を上げればいい それだけの話である

話を戻してこのポケモンの存在に気が付いてしまった俺は投げつけるがくさらないように考えた
現在の仕様ではサン+ピントで確定急所である この要素は最低1つは入れたい
サンのみはこれだけで5割急所、メガガルーラの行動は2回なので是非こいつを入れて調整を崩したい

この諸々の要素を考慮した結果生まれた構築がこれである



ガブリアス@サンのみ 砂隠れ
大地の力/りゅうのはどう/投げつける/守る

最強のポケモン、こいつがいないと始まらない
選出率9割を誇る最強のポケモン
味方ポケモンがどうしても地震に弱くなってしまったために大地の力を採用
火力確保のため特殊ベースによせる必要があったため、威嚇耐性も考慮しりゅうのはどうを採用
この最強のポケモンに穴があったとするとこのりゅうのはどうである
急所でも殆ど火力が出ない上に後ろからフェアリーを呼び放題になるためクソの役に立たない場面が多かった
雪崩にするべきだっただろう

さらにいえば大地の力よりも地震のほうが良かった
隣を巻き込むことを考慮しても巻き込みながら弱点保険を発動したい場面があったというのが一つ
もう1つはこいつが投げつけないで自分でむしゃむしゃしても普通に強いというのが一つである

威嚇にガブリアス耐性を頼ったパーティが不用意にこいつを削ると突然むしゃむしゃしははじめて
威嚇の上から急所を乱舞し拘ってない鉢巻ガブという存在を誕生させられるため物理に寄せるべきだったというのが反省点である

メタグロス@弱点保険
地震/思念の頭突き/バレットパンチ/守る

サンの実を投げつけられると最強になるポケモン
しかも投げつけられなくても動けるポケモンである
2段急所思念はミロ等でもワンパンでもっていけるため非常に嬉しい
フェアリー耐性も非常に高く投げつけられるポケモンとしては最高峰の存在だったのだが・・・
ガブリアスが特殊である上にこいつの最強の技構成に気がつかなかったためクレセリアやクチートにたいして非常に窮屈な立ち回りを強いられることになった

現在の投げつけガブばーじょんつーでこいつの技構成は
シャドークロー/アームハンマー/バレットパンチ/守るとなる予定であり
確定急所でガルドを突破したりクレセを殴ったり
アムハンでトリパへの耐性を確保してみたりとやりたいほうだいやってくれている
まだ失敗ではない、評価が低いだけだと主張している原因がこの技構成に気が付いてしまったためである


ウインディ@ピントレンズ 威嚇
フレアドライブ/インファイト/しんそく/まもる

物理炎なのにギルガルドにノーリスクで突っ込める上に
インファイトでガルーラをワンパンで潰せ、神速が急所乱舞し始める最強のポケモン
複数相手に同時に投げつけることができないというのが非常に問題であったが
こいつは投げつけなくても突然の急所で相手を瓦解させることが可能である

ギルガルドにたいしてフレドラをうってシールドからAが下がっても
次のターンガブが投げつければ確定急所でガルドを確定処理

瞬間的な場の制圧力は天下一品である
バークアウトなんていう便利なものはないので相手のポケモンが守るをしてこなければ
ガルドの処理に3ターン(フレドラ・なげつけ・フレドラ)かけているため 相手の隣が自由に動くことを考慮すると
ディスアドになりやすいのが困りものである

トゲキッス@眼鏡 強運
マジシャ/エアスラ/放射/はどうだん

言わずと知れた確定急所だがこいつらは
ガルーラと初手でならべることで最高のシナジーをうみだす
ガルーラがグロウパンチでこいつを殴りこいつはマジシャ連打
相手はガルーラが眼鏡のこいつの処理を強制されることになり、その後でてきたガブリアスが
残っているほうに投げつけることで確実にやばいポケモンが降臨するのである

追い風択がある以上キッス方向に猫がとんできやすいため
ガルーラの味方グロパンが非常に通りやすいというのも嬉しい


ガルーラ@メガ きもったま
猫だまし/恩返し/グロウパンチ/不意打ち

相手のゲンガーにグロウパンチしないといけないので肝っ玉である
ガルキッスの並びは先に書いたが、ガルガブでならべる場合は初手両守るを相手はしたいというのが人情であろう
だからこそ初手ガブにグロウパンチ、ガブガルーラに投げつけるがささるのだ

この瞬間ガルーラは神になる
威嚇を2回かけても元に戻るだけ
しかもかけてる間に急所乱舞

どうかんがても神である

この味方殴りがやりたいがためだけにガブリアスの特性は砂がくれである

ギャラドス@ソクノ
たきのぼり/ストーンエッジ/でんじは/まもる

申し訳程度の確定急所要素があるがこいつに投げつけたことは流石に一度もない
投げつけるにこだわりすぎたがために「こいつで必死にS操作を頑張るしかない」という哀しみを背負ってしまったポケモンである
鬼火を貰い、威嚇を何度もくらい、放置されようと
こいつしかS操作ができないので頑張ってでんじはをするのだ
投げつけるにこだわりすぎたそのゆがみ

全てを1匹で背負う姿はまさに漢

ばーじょんつーではこいつの歪みをなんとかしてあげるところからはじめなければならないのだが
ガブリアスが自分でむしゃむしゃすればいいということに気が付いたのでだいぶマシになっているはずである

格闘半減じゃんを理由にガルーラからグロウパンチをよくくらうのは・・・恐らく改善されないだろう



レート1800に乗ったりもしたのでまぁ一安心
しかし最初は味方グロパンを積極的に打っていなかったため勝率は低く47%程度
味方グロパンを覚えてから6割ぐらいまで載せることに成功した

ちなみにこの勝率低かった時期に分かったことは
1700の維持はわりと勝率5割無くても1回載せれば余裕という事実である
当時の呟きは負け捲くってるのになんか1700維持しているといった変な展開になっている


そして時は9/6

がにゅオフの日
この投げつけガブ構築を自信満々で持ち込み
投げつけガブの評価を上げてやろうとするのであった・・・  がにゅオフ編に続く
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ダブルバトル】サン投げつけるガブがボックスにサンの実を投げつけるまで【がにゅオフ編】 | ホーム | 【ダブルバトル】サン投げつけるガブがボックスにサンの実を投げつけるまで【前編】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。