喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【シングルバトル】ブリガロンの研究

どこぞの方がブリガロン強いと言っていて実際勝っているわけで・・・

これは研究するしかねぇな!!!

ということでブリガロン研究です
まぁ今のところなので続報があるのかこのまま研究が続くのかわかりませんが今なにをやっているかということで
他人のブログ見るの解禁したのもあるので、今強いポケモンを探していくところから始めようとかそんな感じですね


1.ブリガロン+ヒードラン
相性最高らしく、実際に勝ちレート2200までいっている模様、そして最新版らしい
拘りをロックしつつ周りのポケモンと合わせて定数でゴリゴリいける構築?か

個人的にヒードランを持っていないので実戦研究はできないで考察のみだが
耐性が多少一方通行な気がする
周りのポケモンにタスキマンムーや道連れメガゲンガーがあるのは1匹は最低限持っていくことで
一方通行の耐性をケアしているのではないかという推測

トリトドンが凄く弱そうに見える面もあるのだが、一方通行の耐性としてみるのであれば
相手のドランに対して非常に有効なカードとなっており納得できる面が大きい






2.ブリガロン+チョッキヤドキング+(ヒトム)

旧バージョンがこれでこの構築も2179までいっている模様
拘りロックからの定数ダメージは同じ

ドランを持っていない私はこの構築のコピーから始めた
ズルズキンを持っていなかったのでここの枠だけ違ったが配分もできる限りそろえたつもりである

まず結論から言うと何故2179までいけたのかわからなかった
ヒトムの耐性に対ファイアローを頼っているが、ファイアローをヒトムで落とす前にヒトムが落ちる
再生力があるとは言えヤドキングでは対面からしか処理ができず
ブリガロンにブレバを打たせて反動で落とすというプレイングが必要だった
ズルズキンを抜いた部分はここには影響していないはず・・・なのだが
私ではこの処理が一切できなかったあたりプレイングスキルの差というべきだろう、純粋に悔しい
ブリガロンとヤドキングの相性については中々でメガライボルトの10万を平気で二度耐えるなど
突撃チョッキヤドキングの耐久力は流石の一言、再生力がチョッキを持つのは強いという意味がよくわかった
再生力もちの中では火力と範囲のあるヤドキングはこの動きをする上で最高のポケモンだろう

が、決定力が圧倒的に不足しておりどう立ち回っていいのかわからない
またヤドキングには守るがないためブリガロン→ヤドキングは拘り相手でも安定しているが
ヤドキング→ブリガロンはこだわり相手への動きに不安が残る

フェアリー耐性もヒトムに任せている面が大きいが、その分当然ヒトムに負担がかかっており
こだわりスカーフ持ちにそれを任せるのは非常に厳しいように感じた
後継構築である?ドランブリガロンではその役目をドランに任せたのはそのためであっているのだろうか?
その分マリルリが重くなっているが、ちゃっかり旧から新に変わるときに技がアムハンから種爆になっている
構築の経緯を必死に推測して動きをトレースしたいと思っているのだが大事なところを秘匿しているっぽいので
正直作業が全然すすまない、現在の情報で使ってもレート1700-1800がやっとじゃないだろうか
という結論に一緒に考えてくれた人との考察で辿りつき他の組み合わせを考えることになる、情報がたりない
俺のスキルが足りなかったせいでブリガロンの強みを引き出せなかったんだよちくせう



3.ブリガロン+シュカエンペルト

くいたん案
(ヒードラン+ヤドキング)÷3ぐらいの性能
欠伸守るの択があることでヤドキングにはなかった守るを自然に搭載でき、ヒードランには無かった水氷の攻撃範囲を手に入れた
上の2つに比べると癖は少な目だと思うが、サイクルとしてみた場合の性能は落ち捲くったが
タイマンでの性能を多少あげたといったところか
ヤドキング→ヒードランに元構築がなる仮定で、サイクルの継続能力を落しタイマン性能がそれなりにあるストッパーを多く入れたのに注目し
基本ギミックの中にそれをいれてみた形とでも言えばいいか?
当然熱湯の火傷と守るで固定ダメージも狙えます

上記構築が扱えなかったが故に自分で扱えるところまで形を落とし込んだ結果原型がなくなってしまったが
それでも一応ブリガロンの性能をそれなりには引き出せるというスタートラインに立つことはできるようになった
シェンロンばりにそのポケモンは私の力を超えているといいたくなる中でここまできたあたり私は頑張ったといえるだろう、うん

そんな感じで自分で使えるところまで基軸を落とし込んだ結果パーティの可能性は悲惨なものとなり
ブリガロン+ヤドキングよりを自分が使うよりはマシだけど到底元のレート2100を越えるような性能を引きだすこともできなくなった



4.ブリガロン+ドククラゲ

エンペルトと似たような感じ、多少攻撃面に寄せた感じか
これは知り合いが考えているだけなのでこれあまりいえることがないが参考までに
私の厳選したヤドン個体を送りつけた記憶はあるので恐らくこの方もヤドキングは解雇したのだと思います
こちらは熱湯を採用していないようなので純粋に火力での突破を目刺している方向性の模様





とまぁそんな感じで最近は基礎ギミックの考察をやってるわけですね
どう考えても「元構築の意図がわからないし情報が足りない」という結論にたどり着いてしまい
自分の実力不足を露呈する形になっています

いつもどおり実力不足を対戦数で補って、頑張って元の構築者の意図をトレースするところまでいきたい所
意図のトレースさえできれば恐らく構築のないようはこんな原型残っていないようなものではなく
構築者と同じような形に寄っていくはずなので そこに追いつくことを目標にしたいです

最悪でも的が外れている現状より的にあたるところまでは・・・いけたらいいなぁ


続くかどうかはわかりません
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サンダーの高速移動はBDS2段階上昇技 | ホーム | 【シングルバトル】スカーフサンダーパーティ  構築名:宇宙偽装>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。