喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【新年】過去、そして未来へ・・・のこと

それ以前
わりと一般プレイヤー、一般人からしたらガチ勢

07
春?
この頃ポケモンのガチ対戦を始める
当時はそれがガチだと思い込んでいた、と言うのが正しいが
初期の愛用はカイリューやサーナイト。嫁嫁言っているマニューラはこの頃使っていない
この時期の勝率は100戦して10~20%とかなり低迷している
努力値や個体値のシステムは知っていたが「理解」しているとは言い難い状況だったので
逆にこの時点でこれだけ勝てていたのは幸運かもしれない


大絶賛黒歴史期だが勝率が安定しだす
初めて安定した勝率を得ることができるようになったパーティは「ポリゴンZ、マニューラ、トゲキッス」
第四世代での3本柱でありパーティ別の勝率は8割を超えた。
wifi板のダブル大会にシングルパで出てベスト4だったりして調子に乗ったりもする
そしてこの時期俺がこれは永遠に勝てない・・・と思った2人に出会う
俺の立ち回りはこの時に基礎ができる
過剰なまでの居座り思考はこの2人にボコボコにされ続け交換戦では勝てないと実感
ならば交換せずに打ちあえ、どんなに突破不能でも押さないと勝利は無い、と思わせられたため
この時に交換降臨をほぼ許さない珠ウインディと出会う
原子キッスは1回詰めば無双確定で交換戦に打ちこんで―― ってな感じで愛用


黒歴史は継続中。この時期は大会荒らし()みたいなことをやっていた
適当に大会にでては優勝をもぎ取る感じ
2chとか個人サイトが多かったのでガチとは当たらず自分が強いと錯覚
そしてその関係で現在居付いているコミュニティの大会にも突撃して凹られる
ここで鼻を叩き折られるものの圧倒的な実力差を感じたわけではなくこのコミュで1番になってやる!と意欲を燃やす
この頃糞ゲーに目覚め始めてフシギバナと出会う、だが育て始めるのはまだ先の話
実はまだこのころは6vs6メイン、ユキノオーやトドゼルガと出会ったのもこのころ
使い手の余りの上手さに感動するが自分では扱い切れないだろうと言うことで放置
どうやって突破するのか、どうすれば勝てるのかと言うことを考える試案の日々
勝率が5割突破
そしてマニュ等で勝ちまくったこともありZマニュキッスを嫁嫁言いだすのであった・・・


黒歴史終了。黒歴史という業は背負う(キリッ みたいなね
この事件のせいなのかは知らんが負けず嫌いに火が付き絶対に負けねぇ、と言うのが強くなる
大会に狂ったように出てはパーティ等を試していた、ここから俺の黄金期が始まるのだけど半年~1年続く
出場した通常ルールの大会でベスト予選突破不可に落ち込んだことは皆無、小規模なら優勝準優勝
大規模なら決勝トーナメント進出というのは当たり前、という感じになる
でもトナメ以外のフレンドではボロボロ負けていたり勝てないと思ってた人に20連敗してたりしたのでそこまで天狗にはならず
勝率が6割を突破するがここから伸び悩む

08

特になにもないがS大好き病が発生したのはこのころ
とにかく上から殴る、殴る、殴るということし考えておらず
スカーフZ、サンダース、マニューラ、オオスバメ、ゲンガー、スターミー なんていう構成を使っていた時期もある
結局キッスウインを戻すことに落ちついたのは愛着があったからである
でもフシギバナ等のksgポケを育てたのもこの時期だしそこまでS信者ではなかったのかもしれない


全てに決着をつける時――
悪統一愛用開始時期、Bボタン同盟やフィオネ等といったマイナーポケモンがメインになる
この時にとある人物と勝利して決着をつけたのだがそれは別の話
プラチナ発売前と言うことで皆wktkしていたころ
Zマニュキッスで30連勝したのはこの時期
ダイパの最終勝率は6割ちょとである


プラチナ発売
先制技重視パーティ愛用期
発売直後でみんなが趣味に走る中俺はハッサム等強化されたと評判のポケモンを使用
スタートダッシュの100戦勝利は9割を越えた
当時はギャラ等を使ってはいけないと言う風潮なども有ったので止められるポケモンは存在せず
たまに出てくるドガス等も剣バレットからの後発神速などで削り倒していた
この後緩やかに勝率は下降していくが当然の話である
黄金期はここら辺まで、ポケモンから少し離れたのもあるがここから大会優勝、そして大会そのものから遠ざかる
覚えている大会だとプラチナスレの1回目のダブル大会、優勝者は私です
ラグサンダーヌケニンウインディかなんかを使っていた、この時期は放電信者


特に語ることは無し、ポケモンから離れていた感

09

この時期もポケモンから離れていた


ポケモン復帰、離れていたせいもあってかボロボロ
08秋に作った貯金をすべて使い果たす勢いで勝率を落とし7割を割って本気で凹む
この時期からガブリアスの使用を開始、初代ガブであるフェリスは07からいたのだがカイリュー使い()だったのもあって使用せず
使い始めるとその魔力に取りつかれガブ信者への道を突き進むことになる
ダブルとフルバトルは完全に勝てなくなっており引退同然に、33と63信者であるのはこの時ダブルとかで勝てなかったから


HGSS発売
7割という微妙なスタートながら半年によるカンの衰えを克服
でも優勝していないならドベとかいえていた08が神過ぎたためあまり好調だったとは認識していない
プラチナ時代愛用のシングルトリパを爆発トリパ、中速トリパ、さらには高速トリパなどとしていく
凄く自由な立ち回りをしていたなぁという記憶がある


ガチで勝率8割を狙い始める
その過程でかつて勝てないと思い敬遠していたノオー、ゼルガを始めとする霰パの育成
ノオーガブ信者はここから
立ち回りの完成はこのころかもしれない
役割論理がこのころ話題になったので俺も作るわwwwwとか言い出して役割理論理制作
この時は3日1人くればいいかなーぐらいのメモ帳感覚だったのだが1日10人程度来てもらえると言う予想外の好評っぷりに涙、予想の30倍である
立ち回りの完成と被ったのが大きかったのかもしれない、エルレイド等の急所パも同時に愛用
他人の模倣を嫌っていたが真似も勉強の一つとし始める
最初に組んだのがスカーフグドラパである、ハッサムラティ構成ができなかった俺の
非霰パメイン戦力としてHGSS上半期を戦い続ける

10

スカーフバナ等中速スカーフの評価を改める時期、個人的ギャラの再評価
ラグラージ、有限トド、スカーフストライク等現在につながるメイン戦力が続々と完成する
ツイッターを本格的に始めたのはこのころ
最初は見打ちのみだったが徐々にフォローフォロワーが増え始める


勝率8割達成、複数天候パtueeeeeeeeeeやってた時期
連勝28、93勝7敗は自己最高 対ノオーを除いた場合の最高勝率は現在の無限グライオンパだが総合ではこちらが上回る
これを越える勝率を俺が叩き出せることは無いんじゃないかなぁという感じ、催行連勝はZマニュキッスの30連勝とちょっとだが
インスタント霰パセットなども配りまくっていた
シベリアでユキトドは対策してないほうが悪いとか言われてたので害悪プレイ
1回負けたのを除けばシベリアで全勝、でも総合勝率9割は身内どものせいで越えていない
ノオーガブ信者からノオーガブ以外考えられねええええとか言い出したのはここら辺から
ガブ評価上昇、ラティアス厳選終了によりマンダの評価下降
奇跡のめざ炎ラティ引きなのだがガブ信者+ラティ時代の終焉等の終焉もあり評価は無茶苦茶低かったりした
ドラゴンはガブかスカーフグドラの2択状態


BW発売
完全新作なのでwktkを抑えきれず速攻クリア、そして多量のポケモンを送り爆死しまくる、許さない
PGL糞糞言いながらレーティングで1日天下とったりする
ノオーガブの強さが証明されたと勝手に思っている、シングルダブルの最高順位は40位程度
他ルールでは全て1桁経験したりと文句なしの成績を収める
二度の熊本オフを経てダブルへの再度本格参戦を開始する・・・

が、勝てない 安定しない
レート1700は安定するが所詮それまでである、1800には届かない


冬 ~そして現在~
勝率8割維持が切断により実質的不可能になったのでレート厨になる
KP収集をしたり解説配信を始めたりと対戦について積極的に布教
色々と甘いところはあるが全力前回、全ての業は俺が背負うぜええええって感じで進んでいる
振りかえるとそこには黒歴史、ならば進むしかない!とかそういうのをいま思いついたけどどうなんだろうね
トリプルガチ勢として活動したりもする お前らトリプルやれ!!


2011 ~そして未来へ~

これからも役割理論理と喰い断Ⅸ/悪役をよろしくお願いします!!

いつでも全力全開で進mi
たいと思います、誰からも猛者であると認められる日が来ると信じて
最高の立ち回りと構築を目指したいと思います
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<貯水ブルンゲル党宣言 のこと | ホーム | そう言えば前総合レート1位とった時のこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。