喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【ポケモンXY】身代わりの立場と当面の構築のベース

特性加速の増加や、メガルカリオやメガハッサムのような剣舞キチガイ系
メガアブソルやメガクチートの不意打ちキチガイ増加の影響により
身代わりの重要性というのが第六世代ではさらに上がったようです
それに対抗するように身代わりを貫通するように修正されたらしいすり抜け、音技の数々
かなり面白い形にバランス調整されているのだなと思いました
今後パーティ構築においてどう身代わりをいれながら
音技に対する対するカードを身代わり要因の中にいれ
いかに身代わり貫通技を積極的にパーティに採用していくか
身代わりなどをどうかわし起点エースを光臨させていくかが面白くなりそうですね
身代わりに強い起点エースであるガモスがマリルリや不意打ちに弱いのも面白いポイントだと思います

物理特殊のバランスもとつげきチョッキとギルガルドのキングシールドとあわせ
かなり面白感じで連動しているようですね

オンバーン 爆音波
マリルリ  チョッキ
シャンデラ すり抜け
ギルガルド オボンor保険
@2枠

ここらへんをベースに考えて見ますかねぇ
昔やってた探査型の構築の考えを流用するつもりでしたが
ちょっとランダムフリーに潜って考えは変わりましたね
完全流用できるとは思ってなかったけどちょっとした流用ですら厳しい^q^
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どこぞのファッションをみて | ホーム | 【ポケモンという競技?】切断や改造の追及関連と、第六世代に向けて>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。