喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【配分理論】素早さ実数値108理論【Kスタンのユキノオー】

どうやらどこぞでS108のユキノオーが増えている。
というお話をきいたので、僕のユキノオーが「S108」である理由について解説します
こちらはユキノオー以外にも使えるかと思います

まずなぜ準速の112ではないのかですが
この数値は最速ラッキーと同値なわけです
つまり、最速ラッキーと対面した際に立ち回りを不安定にするリスクがあります。
それを防ぐためにSを112未満にすることでラッキーに対する立ち回りを安定させることにしました
他の同族にはある程度抜かれても優位を取れますし、控えめにするだけで準速バンギラスに抜かれますから
相手のバンギラスのS配分情報をここで得ることも可能になります
別に全振りしなくても十分な情報が得られるわけですね

そしてここでSを何処まで落とすかですが 111、110、109、108、107ってのはちょうど調整先が存在しない空白地帯になっています106とかになってくるとラッキーとのS合戦だったり、無振りロトムや4振り85族あたりが参戦してきちゃいますね
でもこの5つの数値は正直S合戦がない空白地帯なのではっきりいってどうでもいいのです
ですがこの中の数値の中だとS107というのが準速ハピナスにあたるわけです
どうでもいいとはいえ、ここに明確なポケモンがいる以上恐らく最も配分して意味のある「S108」を選択することになります


ユキトドサンダーの場合は抜いたり抜かれたりでまた意識が変わってくるわけですが
こういう理由もあるんだよということを紹介する程度に止めます
他にもまだまだ理由はあるんですけどね






僕の鍵垢の解説ツイートより


若干古い記憶なので間違いがあったらごめんなさい
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<悲しいこと | ホーム | 鬼吹雪・零>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。