喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ポケモンバトル 時間切れ時の仕様のこと

ランダムバトルの仕様で恐らく知らない人も多いだろうなってことで紹介
ユキトドサンダーが不敗であり続ける理由の解説でもあります
正直これ狙ってやるほどの余裕があることも少ないんですけどね
ちなみにこれは90を95とかにするための方式
狙ってやる必要があるのは100戦やっても1回あるかどうかって所かな



昔放送中にやった記憶があるけど(何回か)


時間切れが起こった場合、まず その時点で残っているポケモンの残数で勝敗が決します

3匹vs2匹だとして このまま時間切れが起こらないと仮定して続けた場合、3匹側の勝ちの目がまったくない としても
時間切れは非常にも勝敗をつけます 3匹の方が勝利します


まぁ、ここらへんは予測できると思いますが・・・
重要なのは次から

では、3匹vs3匹や 2匹vs2匹 1匹vs1匹の場合どうなるか ってことですね

この場合、残っているポケモンのHP割合で決定されます
分かりやすく1匹vs1匹の状況でいうと トドゼルガHP100%  ラッキーHP95%
既にトドゼルガの零度のPPはつきていて ラッキーはまさかの眠る分身型・・・ もう無理だ・・・
この試合が続いたらPP勝負になって間違いなくトドゼルガが負けるわけですが
この状況で時間切れがおきた場合、トドゼルガが勝利します

どんなに不利でどんなに詰んでいてもトドゼルガが勝利します
ユキトド編の応用ギミックとして ユキノオーをさっさとすててトドゼルガ
ガブリアスをHP100%の状態で意地してそのまま遅延とかできます これ昔放送でやった記憶があります
半分以上卑怯です 下種です
こーいうことすれば勝てる範囲に入る相手ってのもいるので積極的に狙うこともあります
まぁ、滅多に怒らないから狙った回数自体は(ry     少ないとはいえあるんだけど(基本的にそうなる前に零度あたるし)
つまりはまぁ、トドゼルガがこの時間切れ戦術使うと 残飯持ち以外には100%勝ててしまうわけです 凄いよね
零度のPP全部外れたやばいってランダムでなったらお試しください
身代り守るのPPは合わせて32 1ターン2分ですから1時間耐え忍べます

なお、時間が掛かります 時間がかかります 大事なことなのでなんどでおいいます



そして最期の条件
実はこれが余り知られて無いんですが 残数も、HP割合も同じ場合「HPの合計数」できまります

つまり、相手が残飯持ってててHP割合100%同士で引き分けだやったーとかいうことも怒らないのです
まぁ、残飯ハピがこの戦術やったりすると まず負けません むしろ負ける要素がありません
残飯ハピ遅延戦術は鬼畜生以外の何者でもないと思います






何が言いたい買って言うと




戦略的遅延って実は超凶悪で極悪非道な戦術だから気をつけろよ




ってことです まぁシングルぐらいしか狙えないけど
(トリプルだとユキトドが極稀に狙うことはありますけどね) 
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<猫の手吼えるレパルダスのこと | ホーム | RBP用 モロバレループ(くいたん式)のこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。