喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

配信で考察されてたドサイドンを生かすパーティのこと

戦績:8勝2敗
連勝数:6
対戦数が少ないのでデータとしては微妙
一度も600族及び伝説とは当たらなかったので
対ガチパに対する戦闘力は未知数
そもそも黙秘ルールでドサイドンを使ってガチパと渡り合うのは不可能な気がするからしょうがないかもしれない


メガヤンマ@気合いの襷 臆病CS
虫のさざめき/エアスラッシュ/見切り/選択枠
選択枠:めざ地/めざ氷/催眠術

エンペルト@半減実 控え目特殊耐久調整残りCS配分
ハイドロポンプ/冷凍ビーム/選択枠A/選択枠B
選択枠A:草結び/めざ電
選択枠B:欠伸/身代り/アクアジェット
半減実:ヨプの実/シュカの実

ドサイドン@鉢巻き 両面耐久上昇、S適度配分余りA
地震/エッジ/ロックブラスト/選択枠
選択枠:メガホーン/アームハンマー/冷凍パンチ/炎のパンチ


配信主がドサイドンを使いたいということで皆で考察
すると最終的にこういう形に落ちつくことになった
途中で「スイクンノオードサイ」というHGSS初期に流行ったパーティを改変した
「ノオードサイシャワ」でどうだろうか言う案も出たのだが
「遅い」「ノオーからの補完が安定しない」「ドサイいらなくね?」等と言った案で没に
ドサイドンでそもそも耐久方面の相性補完は不可能であるというある種辺りまえの結論に達し
攻撃面の相性補完、1:1交換を2度繰り返し最後のタイマンをドサイドンで安定させるといいのではないだろうかと言う
どこか爆発爆発ヌケニンにも似たにおいを感じる「ゴウカガブドサイ」なんかも考案されたが
「ドサイドンいらなくね?」説が提唱され没案に
そして色々な紆余曲折を経て、タイマン要因に「メガヤンマ」を採用
メガヤンマとドサイドンを並べた場合に鋼で補完がそこそこうまくいくと言うことでエンペルトが採用された
採用理由としては配信主のエンペルトがサンダーの10万耐えをし、めざ電を持っているためある程度対処が可能だろうとされたため


んで使い勝手
癖が強い……というか勝率がドサイドンの動かし方に依存する
はっきりいって微妙……かと思いきや案外動く、ドサイドン先生
最初は癖が強くてこれはある程度読み慣れてないと動かないんじゃないかと思ったがそんなことは無かった
ドサイドンの出すタイミングがある程度10万読みとして一貫性があるので案外出しやすい
だが構築の時点から分かっていたことだがランターンが辛い
一応俺のドサイドンはD振りなので波乗りを耐えるのが
本来予定されているドサイドンはBSにも廻す為ランターンの波乗りを耐えるほどの耐久が確保できない
これは非常に重要な問題なのだが、中堅においてある種最メジャーであるランターンに勝てないのが致命的
負けた2戦両方にランターンがいたのも確かである

このパーティにおける基礎戦術はヤンマとエンペルトで10万を誘いドサイドン光臨
そこからドサイドンによる交換強制力等で試合を組み立てるということだと思う
黙秘ルールであることを生かしたいい戦術だと思うが
2サイクル目、3サイクル目となるたびにどんどん厳しくなる
短期でケリを付けるための腕も要求されるだろう

攻撃面の相性補完はヤンマのめざパが全て
他の選択技は多分何選んでもほとんど使い勝手にはおおきな影響はない
600ドラゴンを意識するのか、全体として厳しくなる鋼等を意識しためざ地にするのかは使い手の性格や
強さ、特性が出るところではないだろうか

正直10戦しか廻していないためこれくらいしか言えることが無い
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<訪問者のこと | ホーム | 配信のこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。