喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

適当調整のこと

ツイッターみてる人は知ってると思うけど
最近誰かの考察を見てはその場のノリで努力値調整垂れ流してます
「なんかそれ頂きッ」とか「使わせてもらいます」とかリプライを結構返してもれえるので嬉しかったりもする
書いてから2,3日たってからその配分の無駄とか云々に気が付いた時は非常に申し訳なく感じたりもする
まぁそんなこんだなんですがやっぱり即興とは言え考えた配分を使ってもらえると非常にうれしいです

なんで調子に乗って俺の努力値配分基準を軽く書いてみようかなと思います
見てるのは幻麻勢が大多数なんだから書いたところでなんのこっちゃって話ですけどね

1、S重視
60~70族のポケモンはよっぽどのことが無い限り108までSを伸ばします
多くの人から早すぎわろたとかmjktとか言われますけど
やっぱり僕はS重視派なんですよね
108って言うのは6振り85族意識抜きにあたります

糞コテ「6振り85族とかいまどきいねーからwwwwww
    108まで伸ばすとか無駄過ぎるwwwwww」

なんか良く言われます
ばっかじゃねーの、6振り85族はいなくてもちょいふり80族とかはいるだろうがと
Sに200近く裂くのは確かに痛いけど余りの50他の耐久方面に廻すことで確定数変わるからやってんだろうがってね
つーかお前馬鹿にしてるS108ノオーに凹凹にされてただろうがと、まさかCSだとでも思ってるのだろうか
60-70に高確率で先手とれるというアドバンテージはでかいです、案外
逆にこの108のラインを70族以下に抜かれると「252ぶっぱ」or「S:114」でほぼ確定します
前者はいわずもがな、後者は意地ぶっぱバンギ意識ですね
これも美味しいんですけどねぇ、評価が低いのは納得いかないけど環境的に攻撃だったり耐久が優先されるのはしょうがないことだとも思う
でも納得いかねぇ、S重視振りいいよS重視振り
理論とか論理もいいけど耐久とか攻撃より速度重視しましょう

2、物理耐久はとりあえずガブリアス意識
まちがっちゃいないとおもうんですよねぇ

ガブリアスの逆鱗を耐える=強化無し等倍をほぼ全て耐える
鉢巻きガブの逆鱗を耐える=強化等倍、不一致抜群を全て耐える
ガブリアスの逆鱗を2度耐える=強化無し等倍をほぼ全て確3、不一致等倍を確定3、一致抜群を確2
鉢巻きガブの逆鱗を2度耐える=なんかmjktな耐久

極論ガブリアスの逆鱗というのは等倍で受けることのある最も一般的で
同時に最も驚異的な物理技だと思うんですよ
物理だと他に意地ヘラなんかもいますけどS重視振りだとどうしてもヘラ意識までは頭が回らなかったりもする

3、特殊耐久はラティ意識

ラティの眼鏡流星群を耐える=特殊技を全て耐える
ラティの珠流星群を耐える=特殊技をだいたい耐える
ラティの流星群を耐える=特殊技をそこそこ耐える

この程度の認識ですね
後はスターミーの珠抜群だったりを意識することが多いかな
耐久面に関しては正直あんまり意識しないので非常にあいまいです
余った努力値を適当にふってそれで何処まで耐えるかってレベルですね

4、攻撃面は困ったらグロス
うん
うん
うん
攻撃面の努力値を多くふるとか言ってる割には非常にあいまい
だけどこれが一番間違えないと思うのよね
HP振りにおける物理耐久の最高峰、そして特防に振ることで特殊耐久も中々のものとなる
こんなポケモンを意識しないわけにもいきませんからね

まとめ:結局S以外の配分は感覚である

でもこれが正解だと個人的には思う
乱数の存在が完全に排除できるSは完全なる能力勝負
どんな状況でもある意味絶対の信頼感を置くことができますからね
まーんな考えだからずっと二流なのかなーと思う
やっぱり6350のガチ勢と打ちあった時に負ける気はしない
というかある程度勝ち越せる自信はある
でもそれはあくまでガチ勢と打ちあった時だけであって上位勢と打ちあった時ではない
上位勢と打ちあって勝ち越せる気はしない

いつかS重視、急所重視、運重視の戦略でそういう上位勢だったり
本当に強い人相手に互角に、それ以上に戦えるようになりたいなっと
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<配信のこと | ホーム | 複数天候パについてのこと、ついでに戦績についてのこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。