喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

配布3犬についてのこと

今日からゾロアーク公開です
私は明日見に行く予定です

さて

ゾロアークの映画のおまけと言えば

色3犬、通称クラウン3犬が話題を呼びました
「零度スイクンだと!?」
「フレドラテイテーイwwwwwwwwwwww」
「波動弾ライコウとかざけんなwwwwwwwwwww」
「これここにきて環境再編なるだろwwwwwww」
と各所から悲鳴が聞こえてきましたし
事実私も環境が変わると思っていました
ですが性格も確定し、クラウンもそこそこ浸透してきました
ここでもう一度このクラウン共の性能について考察していきたいと思います


・スイクンについてのこと
零度スイクン、多くの人々が恐怖したことでしょう
ですが落ちついて考えてみましょう
零度スイクンは本当に強いのか、と
現在スイクンがパーティ内で与えられる役割と言えばガブやグロスを初めとした物理受けです
スイクンはスイクンなのですからやはり基本は物理受けとして仕事させるのが基本となります

「スイクン@食べ残し 守る 波乗り 凍える風 選択枠」
「スイクン@カゴ   波乗り 凍える風 眠る 選択枠」
選択技はリフレク、毒毒が基本


最近のスイクンと言うものは大きく分けるとこの二つに分類されます
二つの型の共通点と言うものが凍える風によりガブリアスを「抜き倒す」ということが目的です
勿論その他にもグロス受けやバンギ流し等と言った仕事もありますが
現在の環境の一番の仕事はやはりガブリアス受けでしょう
つまりスイクンはガブリアス受けをしなければならないのですが……クラウンでできるのかって話
クラウンスイクンの素早さは115程度までしか伸ばせません
普通のスイクンならば素早さは125(バンギラス)~135(メタグロス)を意識した調整になります

努力値たりねーじゃん!!
はい、たりません
最低限度こごかぜでガブリアスを狩ろうとするとHSのんきなんていうわけわからん型になります
これならば耐久数値はたりますがこごかぜと零度の両立なんていうもの意味はありません
(アクアリング型ならこごかぜ採用の可能性あるので書いてあります)

つまり何が言いたいかって言うとスイクンは努力値足りてないんです
限られた努力値のなかではSを御大意識の109程度(ずぶといなら殆ど努力値いりません)までふらなきゃいけないのです

耐久は問題ないとしてもやはり「のんき」と言うのが非常に大きくクラウンスイクンを使う上で大きくのしかかっててきます
また、一番問題なのは「零度」の存在意義です
先ほど書いた型で既にスイクンは現環境に置いてほぼ完成されていると言えるでしょう
それは2種の型の採用率がものがたっています
その完成されたスイクンを崩してまで零度を入れる意味……
私は見つけられませんでした
零度スイクンを扱う場合はこの零度を入れる意味、そして限られた努力値、遅い素早さ
この3つについて考える必要があるでしょう

この3つの問題を克服できない限り零度スイクンは個人的には「使えない」と言う結論を出さざるをえません
勿論、単純に零度ぶっぱするだけで相手に相当なプレッシャーを与えることができるのは間違いないですし
零度スイクンを全て否定するわけではありません


・エンテイについてのこと
フレアドライブと神速を得て超☆強☆化
これは事実です、ですがそんな唯一神の前に立ちはだかるのはウインディなのでした……
同じ単炎、フレアドライブ神速使い。
それがエンテイとウインディの共通点にして全ての元凶です
違いを上げるならば

エンテイ:プレッシャー/エッジ/火力優秀
ウインディ:威嚇/貰い火/かみなりの牙/きしかいせい/噛み砕く

これはどちらが優秀か一概には言えません
マンダにエッジが入ると言うのは非常に大きいですが
ウインディのかみなりのキバは水タイプ全般に程よく刺さります
そして結局両者ともヒードラン、バンギラス等に対抗できない事実は変わりません

ならばどちらを採用するのか――
      威嚇巻ける、ウインディのがよくね――

うん、うん、うん
威嚇は超優秀特性です
プレッシャーも優秀特性ですが威嚇に比べると一歩劣ります
結局止まる範囲が同じならば特性で相手を邪魔できるウインディのほうがやはり優秀だと考えられます
もちろんエンテイのエッジも鉢巻きであればハッサムを確2にしてマンダに大ダメージを与えられる優秀技です
ですがどちらを使うかと考えた場合
63ルール(バトレボ)であれば見た瞬間に型を特定されてしまうクラウンエンテイよりもウインディを入れたいと思うのではないでしょうか?

エンテイを使う場合において重要なのは
「ウインディ」と言えるでしょう

・ライコウについてのこと
ハドウダンが非常に優秀、神速もカイリキーのバレパン並の火力
ウェザボで万能アタッカーに、めざパもいれればさらに凶悪に
レールガンなんて無かった

おそらく今回の配布で一番の当たりだったポケモンでしょう
レールガン()うっかりや()とか言われてるけどんなこたーないです
こいつは通常のライコウとは全く別のポケモンだと考えられるほどあるしゅ革新的な変化のあるポケモンです
それは対応範囲にも表れています

ライコウ:-110族 ノイコウ型で狩れるポケモン
クラウン:-100族 バンギラス、ヒードラン等

やはりこれが大きな差です
ヒードランは鋼ですからノイコウ型で確実に勝てる保証はありませんし
バンギラスは最初っから無理、通常ならば逃げ安定だと言えるでしょう
ですがクラウンライコウは波動弾でその2者を相手にすることができます

ですが、ガブリアスを確実に相手に出来るという保証は無くなり
ラティやゲンガーに先手を取れず、100族と運ゲを繰り広げるという状態になりました

この時点でわかるように対応範囲の関係上この2種のライコウは劣化云々の関係には存在しないという
ポケモンでも珍しい状態にあるといえるでしょう

クラウンライコウは臆病でC130 S100、波動弾とウェザーボール、神速を扱うことに出来る別種のポケモンだと考えるのが自然でしょう

そしてライコウに関する考察はここで終わりを告げます

「スイクンと違い、波動弾が革新的な範囲の変質を起こし」
(耐久殺しそのものはスイクンは瞑想詰みや毒毒で前からすることができた
耐久に遂行速度が大幅に上昇し、アタッカーに対する速度が減少した)

「エンテイとは違い、決定的なライバルが存在しない」
(ライコウvsクラウンライコウという同じポケモンですら範囲が違うのだからライバルは存在しない)


つまり別種のポケモンなので考える必要はないのです
性能としてはバンギに対抗できる電気タイプと言うだけで保障されていますしね

なので3犬のお勧め度はライコウ>エンテイ>スイクンなんです

え?後半になると色々適当?
今3時なんですよ、午前

集中切れてもう書く気うせてきたんです^q^

おわり

スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<馬鹿なの?死ぬの?なこと | ホーム | むかしのこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。