喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【シングルバトル】新・ユキトド構築 ドサイドン、ボーマンダ、カビゴン 入りのユキトドのこと

・始めに

この構築は純正ユキトドに比較的近い形で考案されていますが
ユキトド選出をするか、しないかという点においてはユキトドサンダーよりもしない方面に重点を置いています
ユキトド選出を前提とすることが少ないので、ユキトドサンダーとは性質の違うパーティといえるでしょう

テーマは「復活」

第四世代で輝いていたポケモン達が、現状の低い評価に甘んじているのはどうにも疑問を覚えます
ですから今回はカビゴン、ドサイドン、ボーマンダと第四世代で強かったポケモン達を多数採用し
それらのポケモンの評価向上を目指しています


「不等に批判されるお前らの希望は……ここにある!
 カビマンダドサイよ! 我が下に集いて環境に燦然と輝く星となれ!!
 過去に時代を築いた英霊達の力 思い知らしめてくれるわ!」

ニコニコ生放送説明文より


・勝敗結果(フリー50戦)
○○○/○○/○○(○○○)
×○○○/○○○/○×○
○○○/○○○○○/○○
○○/○○○/○○/××○
○/○○○/○○○×/○○
50戦45勝5敗 勝率90% 最高連勝18

Kスタンやユキトドサンダーには劣るものの
それに準ずる成績を出してくれました
レートはがにゅオフ終了後、ロムの帰還を持って突貫する予定です


・パーティ紹介

無限


ユキノオー@きあいのタスキ
153-×-99-145-121-108
ふぶき/くさむすび/やどりぎのタネ/まもる

トドゼルガ@たべのこし
208-×-78-145-110-104-105
ふぶき/ぜったいれいど/みがわり/まもる



いつも愛用している厳選ノオー&トドゼルガです
水への繰り出しを安定させるDS振りでラッキー等にも先手で宿木を打ち込めます
強引な繰り出しに対する保険もかねてアイテムは襷です
今回はヤドラン、カビゴン、ドサイドンという鈍足ポケモンを採用しているのもあり
彼らの繰り出し時の負担軽減の宿木という意味も大きく持ちます

今回の50戦時、吹雪零度でよかった、と思うことはあれど
他の技がほしいと思うことは無かったのやはり吹雪零度以外はありえないだろう

その他は他のユキトドの記事と同じなので割愛。
こちらの方でユキトドの2匹の考え方は確認してほしい
ユキトド参考1
ユキトド参考2



カビゴン@オボンのみ
267-152-90-85-149-45
おんがえし/おいうち/ばかぢから/だいもんじ

今回新規に育成したポケモンである
放送内での相性は「情報弱者カビゴン」
というのも弱いとか活躍しないというわけではなく、むしろ安定した活躍をしてくれた
問題なのはこの配分が最高効率でないことなので、実際に使う時は最高効率の配分にしてもらいたい
実数再現の時はHBCDを妥協しないようにしよう

立ち回りの基本は繰り出せる相手に繰り出していき
恩返し負担を掛けるか追い打ちで役割対象を削るかの2択
恩返しで負担を掛けれる時は素直に恩返しだが
相手がバンギ無道等の降臨が見えている時は思考停止追い打ちを推奨する
彼らが繰り出して来る時には別に負担を掛けなくても、対面から馬鹿力と文字で崩せるので
下手にリスキーな読みをするよりは、役割破壊を打つときに消耗しても
役割対象を落せるように削ったほうが楽なはずである

配分先等の詳細はこちらにあるので見てもらいたい
ヒードランやウルガモス、シャンデラ等はこいつに任せてしまっても問題ないだろう

ちなみにこいつを採用したのもあり、対メタグロスが非常にきついことになっているので
対メタグロスへの立ち回りは気をつけてもらいたい
カビゴン配分詳細



ボーマンダ@こだわりスカーフ
171-147-115-147-83-166
りゅうせいぐん/だいもんじ/つばめがえし/ねごと

所謂桂馬ンダ配分(無邪気)なのだが
これは僕が臆病個体を持っていないため代用しているだけなので
本来は素直に飛行マンダにしたほうが強いと思われる
また、桂馬ンダ配分にする必要は無いので 自分で使いやすいと思う耐久数値を確保した上で
余りにCを振るという行為をやってかまわないだろう
技の選択意義だが「寝言によりガッサバナを問題なく処理できる」というのを一番に考えた
鈍足ポケが多い以上催眠耐性が必要なのだが 催眠耐性を持たせるためにはどうしたらいいかと考えた末
寝言でドレが出ても狩れる様にする、という結論に至った
なので燕返しに特別な意味があるというわけではない
大文字は後述するドサイドンのシャドークローとあわせてグロスを確定で落すため
流星群はロトム等に対して負担を掛けていくためだと思ってもらいたい



ヤドラン@ゴツゴツメット
202-×-177-120-88-42
サイコキネシス/ねっとう/れいとうビーム/だいもんじ

Dの数値には目をつぶるように、これは厳選個体である
D6-7として今回の放送のオチになったポケモン
まさかここまでDが低いとは自分でも思っていなかったのだが これでも十分戦えていたし
別に違和感無く気がつかず使えていたので問題ないだろう

トリックルームを入れないのか?という質問が多く寄せられたが
ヤドランに対して後出ししてくるウルガモスにマンダがトリル下で先行とられるとかいう状況が発生したとき等を考えたり
範囲をとるのをやめたときに対応力の低下を考えるとトリックルームを入れることは出来なかった
でんじはも同様の理由で採用は見送った
格闘を流した先に対しての交換読み行動と
格闘に対するサイコキネシスがメインの行動である
別段補助技が無いことに対する不満というのは無く、フルアタックでもよいだろう



ドサイドン@こだわりハチマキ
222-178-161-×-95-60
じしん/ストーンエッジ/シャドークロー/ロックブラスト

ヤドランよりも硬いドサイドンである
HBDの数値を確保すれば厳選産でも特に問題は無い、これは理想値だが
電気に対する遂行がメインであるため、Dはかなり高く 眼鏡ボルトロスの気合玉耐えに設定した
結び耐えにしなかった理由はできなかったから、ではなく 後発にユキノオーとカビゴンがいる以上
相手は草結びにリスクがあるから気合玉を打たざるを得ない というものである
実際草結びは耐えられないのだが、役割遂行をメインに考えるのであればリンドのみにでもして採用するべきだろう
防御方面はガブリアスのじしん2耐え
これだけ耐えておけばだいたいの物理攻撃は耐えてくれる

シャドークローの採用理由はボーマンダの項で話したとおり
とにかく繰り出せる相手に繰り出していって、受けられない攻撃を叩き込むのが仕事である
ただ、ガブリアスのハチマキ並みの火力しか出ないのでその転については気をつけて生きたい


・終わりに
レーティングでの対戦結果を含めた上で
選出パターン等も書いていきたいと思います
とりあえず現状は単体での採用意義、技構成、実数値のみの公開となります
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ユキトドサンダーのサンダーに関する追記 | ホーム | 【シングルバトル】情弱カビゴンの紹介 のこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。