喰い断Ⅸさんのポケモン生活

熊本オフとかにでてる無名雑魚です。ニコニコ生放送やってたりします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【シーズン9シングル】Kスタン3.0続報 蜻蛉ルチェンTOD・劣のこと

今回 R2017 最終269位(最高2032)
  
        ↓

XY1期 R2011 最終486位


!?

メガシンカいないのに関わらず無事自己最高レートと最高順位を記録しました
昔取った杵柄ってやつですね! 

パーティはノオーガブサンダーハッサムギャラドスエンテイ


 い つ も の


構築はこれで非常にまともに書いています
じゃあ今回は何について書くかですが、メインギミックへと昇華してしまった(大問題) 「TOD・劣」ついて書こう思います
ネーミングセンスはいつものだねそうだね
もうちょっとかっこいいものにしたいけどTODで定着してるからねわかりにくいね


このパーティは見た目は純ノオースタンですし、実際の中身も純ノオースタンです
これでどうTODするの?って思うと思うので実際のバトルビデオをみてみましょう

JTSG-WWWW-WW2X-3W7U
UMJW-WWWW-WW2X-3W6Y

どうみてもTODで終わってない? はいその通り、TODで勝ちなわけではありません

でもこれ相手のプレイングがどこかちょっと単調だったり試合を焦ったプレイングをしていると思いませんか?
実際対受けループに置いてこのような立ち回りをノオーガブがしているのはあまりみないでしょう
なぜならば「普通に考えるとそもそも受けループを突破できない」選出をしているわけですからね これ

今回の選出は拘り眼鏡サンダーに鉢巻きハッサムにタスキノオー
本来であれば爪ブシンやら竜舞ギャラの専用選出で抜いていたところですね
ですが今回は!なんと!基本選出に非常に近い形で戦っています!
そして実際に勝てています 最適に近いプレイングをされると最終的な勝ち筋がギロチン3-4連続避けになりますが
それでもギロチン勝負に持ち込むことができるだけでも十分といえるでしょう!

この2本のバトルビデオは「1ターン目から蜻蛉及びボルトチェンジの交換時間を最大限に使っている」という
対戦相手大迷惑なプレイングをしています
まぁ受けループ相手にしか「基本的には」しないし 受けループなんて長期戦上等だろうし多少はね?
※厳密には全てのパーティを相手にしたほうがよい こっちは耐久脆いし無理だと悟れば降参ぽちーすればいいのでレート的な損は殆どない

このプレイングの肝は「仕掛けてるのにまったく勝ち確ではなく、実際に成立するかはお互いわからないこと」です
TODといえば勝ち確に持ち込むもの、若しくはグライオンのみがまもでPPを狩らされるのを抑止して抜けるために使うものですよね?
ですが今回は相手のプレイングミス誘発に使います!

相手のパーティはサンダーとハッサムでぐーるぐーるやってるだけなのに「なぜか時間をフルに使ってくるのです」
最初から最後までね 最初は長考かな?ただの放置かな? そんな風に思うことでしょう
しかしターン数がかかればかかるほど かかればかかるほどに!
自分が初手からTODを狙われていることに気がつくのです! そうしたら焦りますよね
まさか純ノオースタンの動きをしているパーティが純ノオースタンの火力を出しているのに
なぜかTODを仕掛けてきてる しかもまったく勝てるとは限らない状況から

もうこれは「TODを成立させる」という保障があるからやっていると見えることでしょう(実際に見えてるかはしらない)
それが相手の立ち回りを読みやすくする! 単調にする!

そうすると普通にはループの突破ソースが難しい拘りパーティで勝ててしまうのです!
蜻蛉ルチェンTODメインギミック化くっそ強いですね!

第五世代の時からやっていたのですが時間的問題や技構成の関係であくまでも最終兵器のワンチャンでしかなかったこの搭載ギミック
なんか今だと普通に使えました こうして書いたら使えなくなるわけですけどね☆
もうこういうのが過去の構築なんだなぁとしみじみ思いました
ノオーガブには初手地面から展開なんていう定石もう覚えられてないんですね
ちなみに1人だけ出してきた人がいるんですがその方にはもうボッコボコにされましたよええ
ギロチン勝負には(多分)持ち込んでいましたが ノオーガブサンダー相手に初手地面出されるとぐぬぬってなると同時に非常にうれしくもありました!

しかしこれを最終兵器ではなくメインギミックにすえることによりレート2100いけるパワーはないといっていましたが
2000-2150の受けループの方々にも最低限の勝率を保障することが可能になり……
これ2100いける実力あるで!(時間さえかければ)いけるで!という手ごたえを掴むことができました
結果? ちょっと身内と誰がシングルレートで1位とるかのチキンレースしてたので挑戦できなかったので
達成してません そうだね説得力ないねごめんね


ですがこれは僕が使って純ノオースタンとしての話ですが
蜻蛉ルチェンをベースにするパーティは他にも多くあることでしょう!

この勝ち確にはならない程度にTODで相手のプレイングを誘発するパーティは
きっと他のパーティギミックにも採用でき、同時に
まったく他の技構成と干渉しないので多くのパーティに搭載できるので
皆さんも是非蜻蛉ルチェンで勝ち確ではないTODを積極的に狙っていきましょう!

新しいパーティができそうですね!
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。